インコをペット火葬する際に知っておきたいサービス

インコを火葬する際にかかる時間と費用

ペット火葬は、プラン内容によって火葬にかかる費用が異なるでしょう。ここでは、その火葬のプラン及び火葬にかかる時間について紹介していきます。なお、火葬が完了する時間はペットのサイズによって違いますが、インコなどの小鳥の場合は比較的早めになることが多いです。

費用と時間

火葬費用
費用は業者によって変わりますが、インコや文鳥など小型の鳥のペット火葬を行なう場合にかかる大まかな費用は16,000円前後です。しかし、これは立ち会いと遺骨拾いを行なう際に発生する金額であり、合同の場合9,000円前後が相場となります。
火葬にかかる時間
インコなどの小型のペットを、移動火葬車によるペット火葬で行なう場合の時間ですが、だいたい25分前後であり、遅くても40分ほどで終わります。なお、小型犬の場合だと1時間以上かかることが殆どであり、インコのペット火葬は非常に早く終わります。
ペットのお墓

インコのペット火葬は小型犬や猫に比べて早く終わります。また、費用も実際には非常に安価なため、火葬の際にかかる負担は非常に少ないといえます。そのため、移動火葬車での供養もスピーディーに進行できるでしょう。

オプションサービスを利用した場合

ペット葬儀には、いわゆるオプションというものがあります。これはペット火葬が終わったあとに行なうものであり、オプションサービスの種類は多々あります。

パウダー加工の費用

パウダー加工とは、インコなどの遺骨を米粒状に粉骨する加工方法のことになります。これは、分骨する際に行なう加工方法です。遺骨をメモリアルグッズのカプセルに入れる際に、サイズによってはカプセル内に入らないため、パウダー加工によって粉骨する必要がある時に使用するサービスです。

オプションを利用する

オプションサービスの中には、骨壷の品質をより良いものにするというサービスもあります。例えば、業者によっては骨壷を桐製のものにするというサービスがあります。桐箱の見た目はもちろんのこと、外気を遮断する機能が高いため、遺骨の風化をふせぎやすくなるのがポイントです。そのため、オプションを利用する人は多いでしょう。

TOPボタン